相関法を用いた微小循環血流の速度分布計測

阿川 雄資  岡田 英史  関塚 永一  大塩 力  南谷 晴之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.2   pp.397-405
発行日: 1993/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (医用画像処理技術論文特集)
専門分野: 動画像処理
キーワード: 
顕微鏡画像,  動画像処理,  微小循環,  血流速度,  相関法,  

本文: PDF(776.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
微小循環系は生体組織における物質交換という重要な役割を担っており,その血管内における赤血球動態を解析することは,極めて重要である.従来,点計測が主流であった微小循環計測において,顕微鏡と超高速VTRシステムを用いて記録されたラット腸間膜の血流画像を動画像処理することにより,2次元の速度情報を得ることが可能となる.しかし,従来用いられていた濃度こう配法に基づく動画像処理法は,その性質上速度の速い対象に適用できず,またノイズに弱いという欠点をもっていた.そこで本研究では,動画像処理法として局所相関法を採用し,更に速度ベクトルの推定に階層画像を用いることによって,流速の速い細動脈などにも適用できるだけでなく,高速でかつ安定した測定の行える処理アルゴリズムを開発した.このシステムを用いて,ラット腸間膜上の細動脈・細静脈などの微小血管(管径約20~50μm)の血流速度計測を行い,本システムの有効性を示すと共に,血流分布に関するいくつかの新しい知見が得られた.