画像処理による肺胞壁線維化の計測

南 憲一  石井 浩一  岡田 英史  吉村 ゆかり  南谷 晴之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.2   pp.315-324
発行日: 1993/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (医用画像処理技術論文特集)
専門分野: 2次元画像処理・診断支援
キーワード: 
画像処理,  クラスタリング,  肺胞壁,  線維化,  病理学,  

本文: PDF(799.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
肺の疾患では,肺胞壁で生じる細胞の線維化や血管壁の肥厚がガス交換の効率低下の要因となり,肺機能に大きく影響を及ぼすことが知られている.よって,病理学の分野では,剖検で採取された肺の組織標本を対象に,さまざまな疾患の進行と肺胞や血管の変化との関係についての解析が行われている.しかし,従来の肺胞の線維化度の測定は,熟練した病理学者が標本を検鏡して肺胞の肥厚度を判定することによって行われていたため,肺胞壁の面積から定量的に肥厚度の判定を行って,線維化の解析を行っている例は少なく,このような手法に対する十分な検討は行われていない.そこで,本論文では肺胞壁の肥厚度を染色病理標本から自動的に計測する画像処理システムを開発して,肺胞壁線維化の客観的かつ有効な測定を行う方法について検討する.更に,本システムで測定した肺胞の線維化度のデータに血管の肥厚度の測定結果を組み合わせることによって,肺疾患による肺胞壁の線維化と,血管壁の肥厚の傾向について調べ,組織標本からの肺疾患の識別の可能性について検討を加える.