肺癌検診用X線CT(LSCT)の基本構想と診断支援用画像処理方式の検討

山本 眞司  田中 一平  千田 昌弘  舘野 之男  飯沼 武  松本 徹  松本 満臣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.2   pp.250-260
発行日: 1993/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (医用画像処理技術論文特集)
専門分野: 2次元画像処理・診断支援
キーワード: 
X線CT画像処理,  モフォロジカルフィルタ,  孤立性陰影抽出,  自動診断,  肺癌,  

本文: PDF(829.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
肺癌早期発見のための専用CTを開発することを提唱し,その基本構想を明らかにした.次いで,このシステムに必須の診断支援用画像表示方式として,下記2方式を並列に用いることを検討し,良好な結果を得た.(1)40スライスからなる3次元情報を,病巣陰影の情報を損なうことなく2次元に投影表示する手段として,MIP(Maximum Intensity Projection)法を応用した.但し単なるMIP法では妨害臓器情報による弊害が大きいため,あらかじめこれらの不要情報をしきい値法にて除去する方式を開発した.(2)各スライス断面ごとに病巣陰影候補を自動認識し,陰影候補の見つかったCT断面のみをCRT表示することにより,表示断面を大幅に削減する方式を開発した.病巣陰影の自動認識には,我々が新たに開発したQuoit(輪投げ)フィルタを用いた.