仮説推論によるオフライン手書き漢字認識

春木 義仁  大森 健児  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.1   pp.65-73
発行日: 1993/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
手書き文字認識,  手書き漢字認識,  仮説推論,  ストローク抽出法,  部分パターンの抽出,  

本文: PDF(576.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では次のような新しい手書き漢字認識手法を提案する.入力手書き漢字から特徴的なストロークを抽出し,漢字についての知識を利用して,入力手書き漢字がどのような漢字であるかという仮説を生成する.仮説で示された漢字に対応する参照パターンを用いて,この仮説の正しさをストローク抽出法を用いて検証することにより,手書き漢字の認識を行う.この手法を用いることにより,照合すべき参照パターンの数を減らすことができ,処理時間を短縮することができる.また,本手法は参照パターンのストローク情報を用いて,入力手書き漢字からトップダウン的にストロークを抽出することにより,局所的なパターンの変形にも柔軟に対処して認識を行える. 教育漢字881字種を対象として,手書き文字データベースETL8B2の最初の約1万7千字を用いて認識実験を行い,94.9%の認識率を得た.