E同一化を用いたマイクロプログラム自動合成手続き

木下 貴史  直井 徹  今井 正治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D1   No.11   pp.566-574
発行日: 1993/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェア基礎
キーワード: 
抽象データ型,  E同一化,  マイクロプログラム,  ナローイング,  逐次化問題,  

本文: PDF(610.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Zhu,Johnsonは抽象データ型に基づくハードウェアアーキテクチャの仕様記述法を提案し,そのもとでマイクロプログラムを自動合成する問題を逐次化問題として定式化した.本論文では,逐次化問題を解く非決定的な準手続きを提案する.この手続きはE同一化手続きを用いて探索空間の枝刈りを行う.また,基本的な構成をもつCPUの仕様記述と逐次化問題の例を与え,手続きの実行例を示す.最後に,この実行例によりE同一化手続きを用いた枝刈りの効果が極めて高いことをみる.