空間光変調管(MSLM)を用いた2次元光位相変調における異方性の解析

堀 輝成  豊田 晴義  原 勉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J76-C1   No.5   pp.158-163
発行日: 1993/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
空間光変調管(MSLM),  2次元光位相変調,  異方性,  回折効率,  横方向電場,  JTC,  

本文: PDF(400.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光アドレス型空間光変調管(MSLM)を用いた2次元の光位相変調特性について述べた.特に,このデバイスが有する光位相変調特性の異方性について解析を行った.ここでは,MSLMの光位相変調度の測定とデバイスに干渉じまパターンを書き込んだときの回折効率の測定を行った.その結果,2πラジアンの光位相変調度と約17%の回折効率が得られた.これは明暗パターンの境界で発生する横方向の電場による屈折率の変化が原因と考えられる.また,この特徴を有効に利用した相関実験の結果についても示す.