フィルタリング演算から見たウィーナー・ホッフ法とその応用

内田 一徳  野田 武昭  松永 利明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J76-C1   No.5   pp.139-146
発行日: 1993/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
フィルタリング演算,  ウィーナー・ホッフ法,  散乱問題,  電流分布,  

本文: PDF(481.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
この論文では,スペクトル領域において数値処理を行うという立場から,実空間における半無限および有限区間に対応するスペクトルを抽出するフィルタリング演算子を定義し,その応用について述べている.まず半無限区間に関する問題に対して,代数的なフィルタリング演算のみで,ウィーナー・ホッフ解を導出することができることを示している.次に有限区間に関する問題について考察し,フィルタリング演算のみでは一般にその厳密解を得ることができないことを示している.この有限区間に関する問題に対して,フィルタリング演算に基づく近似計算法を提案し,直接解法,形式解による手法,逐次近似解法の3手法についてその導出法を述べている.最後に逐次近似解法の応用として,ストリップ導体による平面電磁波の散乱問題を取り上げ,高周波領域で成立する表面電流の展開式を導出すると共に,その数値計算例を示している.