非線形増幅ループミラーによるソリトン伝送信号からの自然放出光雑音(ASE)の除去

山田 英一  鈴木 和宣  中沢 正隆  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J76-C1   No.4   pp.81-88
発行日: 1993/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
光ソリトン,  非線形増幅ループミラー,  エルビウム光増幅器,  自然放出光雑音,  周波数チャープ,  

本文: PDF(533.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光増幅器を用いた長距離多中継ソリトン伝送においては増幅器の自然放出光雑音(ASE)の蓄積が伝送特性の劣化を引き起こすため,ASEを取り除くことが長距離光ソリトン伝送にとって非常に重要な技術となる.本論文では,ソリトン信号とASEとの光強度差を利用した非線形増幅ループミラー(NALM)のしきい特性(自己スイッチ)によるASEの除去方法と伝送実験への応用について報告する.まず,NALMのパルスに対する透過特性を調べ,それを用いて,高いレベルのASE雑音を含むパルスからASEを除去できることを示す.更に,10Gbit/sで500kmにわたって実際に長距離伝送したソリトン信号に本方法を適用し,ソリトン信号のピーク強度とASEの強度の比が,NALM透過後は透過前に比べて改善されることを示す.また,高利得の光増幅器を有する非線形ループ内を伝搬するパルスのピークの位相差が0.3π以下のときは比較的トランスフォームリミットに近いパルスのスイッチングができることを示す.