LiNbO3を用いた電界センサのインダクタンス装荷による感度向上法

田島 公博  桑原 伸夫  雨宮 不二雄  小林 隆一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B2   No.6   pp.538-545
発行日: 1993/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
電磁干渉,  電界センサ,  アンテナ測定,  光計測,  電気光学効果,  

本文: PDF(580.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,EMC問題が多様化し電磁パルスや装置近傍の電磁界を測定するための電界センサが必要とされている.電気光学効果を有するLiNbO3を用いた電界センサは,このような測定に適しているが,感度が不足しているという欠点があった.電界センサの感度を上げるには,光変調器の感度向上や,光変調器光源の出力を増大する方法があるが,ここでは,インダクタンスを装荷して共振点の感度特性を改善する方法を示した.まず,エレメントにインダクタンスを装荷した電界センサを表す等価回路を求め,その等価回路をもとにモーメント法を用いて周波数特性を解析し,インダクタンスの装荷により感度を向上できることを示した.また,GTEMセルを用いた実験により解析の妥当性を検証した.検討の結果,解析結果は測定結果とほぼ一致し,インダクタンス装荷により感度向上が可能であること,エレメント長150mmの電界センサに600nHを挿入することにより,200MHzで40dB程度感度特性が改善されることがわかった.