TDMA衛星通信システム用送信電力制御方式

風間 宏志  阪田 徹  坂井 勉  加藤 修三  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B2   No.5   pp.354-362
発行日: 1993/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (次世代衛星通信技術論文特集)
専門分野: システム
キーワード: 
TDAM衛星通信,  送信電力制御,  降雨減衰,  

本文: PDF(569.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
降雨減衰に起因したC/N低下およびD/U低下による回線品質の劣化を解決するために,本論文では,TDMAシステムに適した送信電力制御方式として,従局制御にはフィードバックループ制御方式を,基準局制御には自局折返しのクローズドループ制御方式を用い,基準局はサイトダイバーシチ構成をとり,TDMA同期の基準とは独立に送信電力制御の基準を決定し制御精度の向上を図る構成を提案している.本方式を用いたコンピュ一タシミュレーションおよびRF折返し実験の結果,KuバンドおよびKaバンドにおいて,基準局の制御誤差は±2.5dB以内,従局の制御誤差は±2.OdB以内であり,良好な特性が得られることを確認した.また,本方式は実システムに適用されており,衛星を介した制御においても良好な特性を示している.