高速移動通信に適用できるカルマンフィルタ型アダプティブアンテナ

汪 晋寛  高野 忠  萩野 剛二郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B2   No.4   pp.277-285
発行日: 1993/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
カルマンフィルタ,  アダプティブアンテナ,  移動通信,  非定常状態,  指向性,  状態遷移行列,  

本文: PDF(542.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
アダプティブアンテナを,車載の移動局に応用する場合,重み係数を電波環境の変化に高速適応させることが必要である.本論文では,車の走行によって信号の到来方向が変化する非定常状態に対して,重み係数の動的な挙動を考察し,最適重み係数の状態遷移行列を導いた.提案した方法をカルマンフィルタに適用して,非定常状態における重み係数の制御方法を検討した.更に簡単なモデルを用いたシミュレーションにより提案した方法の有効性を検証し,電波環境が時間的に急速変化しても,正確な制御が行われることを示した.その結果,LMS法に比べて提案した方法が優れた適応性をもち,高速移動通信に応用できることが明らかになった.