2重差動符号化によるMPSK遅延検波用周波数オフセット補償方式

石川 博康  小林 英雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B2    No.10    pp.793-800
発行日: 1993/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信
キーワード: 
2重差動符号化,  遅延検波方式,  周波数オフセット,  位相不確定性,  スライディング処理法,  

本文: PDF(574KB)>>
論文を購入



あらまし: 
ディジタル陸上移動通信システムでは,耐フェージング能力に優れた遅延検波方式が一般に有効とされるが,遅延検波方式の場合,周波数オフセットによる位相シフトが誤り率を劣化させる大きな要因となる.これまで種々の周波数オフセット補償方式の研究,開発が行われているが,周波数オフセットによる位相シフトを推定する場合に問題となる位相の不確定性により,補償できる最大周波数オフセット量に制限をもつものであった.本論文では,送信データ系列に2重差動符号化を施すことにより,大きな周波数オフセットが生じる場合においても上記問題点を解決することが可能な周波数オフセット補償方式を提案し,π/4シフトQPSK方式を適用した場合の誤り率特性を計算機シミュレーションにより評価している.その結果,本提案方式が陸上移動通信路において,極めて優れた補償特性を有することを明らかにする.