ベクトル量子化を用いた階層的動画像符号化方式

花村 剛  関口 俊一  富永 英義  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B1    No.9    pp.670-679
発行日: 1993/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化
キーワード: 
動画像符号化,  平均値分離正規化ベクトル量子化,  階層的符号化,  スケーラビリティ,  高品位動画像符号化,  

本文: PDF(697KB)>>
論文を購入



あらまし: 
動画像情報の幅広い分野への応用,あるいはマルチメディアの中での柔軟な情報操作を目的とする高能率符号化方式として,ベクトル量子化を用いた動画像の階層符号化方式を提案する.更に,その符号化効率の評価を行う.本方式は,既に低レート動画像蓄積符号化方式の国際標準となっているMPEG l方式を基本として各種特殊操作を実現すると共に,解像度方向の階層化によって,ユーザが利用時に解像度を選択できる.情報源符号化方式として,画像をパターンとしてとらえて符号化する平均値分離正規化ベクトル量子化を適用した.その際,多くの予測モードごとにはコードブックを用意せず,統合化を行い効率化を図れることを示した.また,DCT方式を用いた場合との圧縮効率の比較検討を行った結果,SN 比では0.5~1.2[dB]低下しているが,主観評価ではほぼ同等の画質を得た.また,SN 比を改善するための問題点を考察した.