IDモジュール付き光コネクタの設計

大槻 文男  山下 克也  山本 良一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B1   No.1   pp.69-78
発行日: 1993/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信線路,ケーブル
キーワード: 
IDモジュール,  EEPROM,  光ファイバコネクタ,  設備管理,  

本文: PDF(717KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光線路網の本格拡大に向け従来の線路設備管理システムの欠点を解決するため,設備データ更改をリアルタイム自動で行う新しいシステムを先に提案した.本論文では,このシステムのキー部品であるIDモジュール付きのSC2型・MT型光コネクタの設計法および設計値に基づいて試作した結果を述べる.設計においては第1にIDモジュール用メモリ素子の要求条件を明確にし,最適なメモリ素子はシリアル型EEPROMであることを示した.続いてコネクタとの一体化構成の設計においては操作性・実装密度を劣化させないための取付け位置・パッケージ構造を検討し,SIP型のIDモジュールをコネクタ側面に配置した.光学的・電気的な詳細設計として接続損変動を抑制するためのコネクタ着脱力,電気的条件の満足に必要な接触力の目標値を明確にし,構造・機械特性の設計を行った.設計値に基づき試作した結果,モジュール取付けによる接続損変化-0.01dB(SC2),+0.02dB(MT),コネクタ合時の動的な損失変動レベルとして0.1dB以下を得た.更に接触抵抗4mΩ以下(目標40mΩ以下),実装密度として従来比1.5~1.8,コネクタ取付け時間として従来比1.0~1.08を得た.