ATM網用可変レート映像符号化装置の試作とセル損耐性評価

真鍋 克利  田中 知明  大塚 作一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B1   No.1   pp.40-47
発行日: 1993/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化
キーワード: 
ATM,  映像,  階層符号化,  セル損,  

本文: PDF(518.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
B-ISDN(広帯域ISDN)時代の転送方式であるATM(非同期転送方式)用の映像符号化装置を試作し,性能を評価した.試作装置は,実験交換網を介して,CCIR601勧告相当の映像を可変レート符号化伝送可能である.周期リフレッシュ,符号化情報のパケット化およびフレーム間予測DCT階層符号化方式を採用することにより,大幅な画質劣化を引き起こすATMでのセル損に対して,耐性をもたせた.主観評価実験を行った結果,周期リフレッシュおよび符号化情報のパケット化のみで10-6以下,更に,フレーム間予測DCT階層符号化方式を用いた場合,低優先度情報の10-2~10-4以下のセル損率に対して,MOS 3.5以上の画質を得られることを確認した.