ディジタル画像のエントロピー符号化用VLSIの開発

藤原 洋  坂口 俊文  西塔 隆二  丸山 優徳  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B1   No.12   pp.998-1007
発行日: 1993/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信用デバイス・回路
キーワード: 
信号処理VLSI,  画像符号化,  ハフマン符号化,  高速処理,  リアルタイム処理,  

本文: PDF(718.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,電気通信網のディジタル化の発展と,ディジタル蓄積メディアの低コスト化・大容量化に伴い,テレビジョン信号のディジタル化が進められている.このことから,画像符号化技術の重要性がますます高まってきているが,その重点は,低ビットレートでの擬似動画表現から,高解像度化,高画質化へと移行してきている.各種画像符号化方式の中でも,ハフマン符号に基づくエントロピー符号化は,DCT(離散コサイン変換)や動き補償フレーム間符号化等と組み合わせることで膨大な画像情報を効率的に圧縮することができ,必須のアルゴリズム要素となっている.しかしながら,これを今後のディジタル動画の高画質化要求に対応し,しかもリアルタイムに実行するには,ハフマン符号の高速処理アーキテクチャとそのVLSI化が不可欠である.本論文では,このような背景から,今回開発したハフマン符号の高速処理アーキテクチャとそのVLSI実装について述べる.