LANにおけるタイムクリティカル通信プロトコルの提案と評価

厚井 裕司  妹尾 尚一郎  高田 佳典  井手口 哲夫  石坂 充弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J76-B1   No.11   pp.882-891
発行日: 1993/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (高速ネットワークアーキテクチャ論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
LAN,  トークンパッシング,  タイムクリティカル通信,  タイムウィンドウ,  

本文: PDF(618.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
プラント制御などLANを利用した制御通信分野においては,高速性と共に指定された時間(タイムウィンドウ)内にデータ転送が完了すること(タイムクリティカル性)が要求されるが,従来FDDIなどで使用されているTimed Token Protocol(TTP)では入力トラヒックがシステム的な設定値を超える場合転送時間が増大し,タイムクリティカル性を保てなかった.本論文ではTTPを拡張し,各ノードが転送待ちデータ数を動的に分散管理しつつタイムウィンドウ内に転送可能なデータのみを転送するプロトコルを提案する.本プロトコルの性能特性を明らかにするため各種条件下でのシミュレーションを実施し,タイムクリティカル通信に適したプロトコルとしての有効性を確認している.