エリアジングが生じない最大間引きDFTフィルタバンクを用いたシステム同定

尾知 博  貴家 仁志  山田 洋士  高良 吉立  神林 紀嘉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J76-A   No.6   pp.810-817
発行日: 1993/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
フィルタバンク,  適応フィルタ,  FSFバンク,  マルチレート,  エリアジング,  システム同定,  

本文: PDF(511.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近,フィルタバンクを用いたサブバンド適用フィルタが研究されている.しかし,エリアジングをキャンセルして完全再構成を実現している通常のフィルタバンクを用いると,エリアジングやサブバンド間のクロス項の影響を回避できないという問題がある.この問題を回避するために,離散周波数点でエリアジングの影響を回避し,クロス成分をもたない周波数サンプリングフィルタ(FSF)バンクが提案されている.本論文では,最初にFSFバンクのDFT(discrete Fourier transform)による効率的な実現法を示す.次に提案した実現法によるフィルタバンクを用いた,周波数サンプリング定理に基づく適応フィルタを提案する.提案した適応フィルタは,サブバンド間のクロス成分およびエリアジングの影響を受けていない,離散周波数における周波数サンプル値による未知システムの同定を実現している.更に,周波数領域適応アルゴリズムと提案したアルゴリズムの比較を行い,離散周波数点における情報から未知システムを推定する本手法の有効性を示す.