LZW法に移動窓を組み合わせたデータ圧縮方式について

荻原 剛志  飯田 元  井上 克郎  鳥居 宏次  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J76-A    No.11    pp.1593-1602
発行日: 1993/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論,符号理論
キーワード: 
データ圧縮,  無ひずみ圧縮,  LZW法,  移動窓,  

本文: PDF(719.7KB)>>
論文を購入



あらまし: 
データ圧縮法として広く利用されているLZW法に数kByte程度の移動窓(sliding window)を付加し,移動窓中で一致した文字列の長さをLZW符号の代わりに符号化することによって圧縮効率を向上させる方法を提案する.この方式では,LZW法のフレーズを構成する際,移動窓内でのそのフレーズの位置を記録しておく.この情報を利用すると,新しく構成されるLZW法のフレーズが既に移動窓内にあることがわかる場合がある.新たな入力文字列がLZW法のフレーズより長く移動窓内の文字列と一致する場合,LZW符号の代わりに一致する文字列の長さを符号化する.この方式は,大部分の圧縮対象についてLZW法の結果を改善するほか,他のLZW法の改良アルゴリズムと同等以上の性能を示す.処理時間もLZW法に比べて25%程度の増加にとどまり,実用性の高い圧縮法である.