三角平面パッチを用いた多階調画像データの圧縮

山崎 一生  長谷川 誠  五十嵐 智  岡田 貞実  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.6   pp.1038-1047
発行日: 1992/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
画像,  圧縮,  ブロック分割,  三角平面パッチ,  

本文: PDF(728.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では画像を3次元空間内の立体的な曲面としてとらえ,画像が与えられた2次元xy平面上の四辺形領域を画像の空間周波数に応じて非均一な(四辺形)ブロックに分割し,三角平面パッチによってC0連続な曲面として各ブロック内の輝度値を近似する方法について検討する.画像が与えられる2次元xy平面上の四辺形ブロック内の輝度値を2枚あるいは4枚の三角平面パッチで近似する2種類の方法のうち,2枚の三角平面パッチを用いる方法の方が圧縮効率が良いことがわかった.非均一に領域が分割されている場合には,異なる大きさのブロックが隣接している辺で輝度値の段差が発生しブロックひずみが目立つ.そこで,小さい方のブロックの輝度値を用いて大きい方のブロックの三角平面パッチを補正してC0連続な曲面を得る方法を考察し,実際の画像データに適用してみたところ,補正操作にはブロックひずみの解消ばかりではなく,画像の細部を復元して画質を向上させる機能もあることがわかった.ITE肌色チャートの輝度(Y)信号の場合には0.86bit/pelに圧縮したデータからSN比38.8dBの復元画像が得られる.