3次元ヒストグラムの効率的な表示方法

工藤 純一  根元 義章  野口 正一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.6   pp.1031-1037
発行日: 1992/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
画像処理,  3次元ヒストグラム,  ノア画像,  リモートセンシング,  

本文: PDF(458.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
多変量,多次元の情報処理の基礎研究の一つとして,気象衛星ノア画像から得られる三つのマルチスペクトル画像を,XYZ軸に対応させた3次元ヒストグラムを利用する解析方法の開発がある.この方法はリモートセンシングの非専門家でも,3次元空間内に出現するクラスタの相対的な位置関係が直観的に判断できるので,画像構成要素の分類が容易に理解できる.この方法を用いて情報抽出を行う場合,3次元ヒストグラムをコンピュータの2次元ディスプレイに表示する基準として,今までの研究で3次元から2次元への情報伝達が最大限に活用する方法を提案してきた.本研究ではこれらの研究を更に発展させ,3次元情報の効率的な情報抽出を応用したリモートセンシング画像の新しい分類手法を提案する.