対訳対話コーパス作成のためのキーボード会話収録システム

工藤 育男  森元 逞  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.4   pp.749-761
発行日: 1992/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 人工知能,認知科学
キーワード: 
キーボード会話,  コーパス,  対話,  会話収録,  自動通訳システム,  

本文: PDF(859.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
自動翻訳電話システム(自動通訳システム)を開発するためには,通訳者の行っている会話を分析する必要がある.そのためには,実際の通訳者が行っている会話を集める必要がある.まず最初に,電話を利用して,会話(電話会話)を集めたところ,言い直しや言いよどみなどが含まれ,現在の自然言語処理技術では難しすぎることがわかった.そこで,電話会話より計算機処理が行いやすいにもかかわらず,話し言葉に近い言い回しを含んでいるキーボード会話(計算機を介してコミュニケーションする会話)を収録することにした.そのために,ここでは,通訳者を介して話者3人で行う会話を収録できるシステム(キーボード会話収録システム)を開発した.このシステムでは,電話の機能に近い媒介の機能をもたせるように設計したので,電話会話で起こるような同時発言(2人の話者が同時に発言すること)や割込みといった現象も収録でき,自然な会話が行えるようになっている.また,制御コードを含めたすべてのコードを再現性のあるように収録できるので,入力誤りや修正方法の分析に役立つ.会話の収録結果の分析より,このシステムが通訳者を介した会話の分析に有益なツールであることを示す.