平均曲率に基づいた神経回路網の評価基準

鈴木 紳  河原 英紀  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.3   pp.637-645
発行日: 1992/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: バイオサイバネティックス,ニューロコンピューティング
キーワード: 
神経回路網,  過学習,  微分幾何学,  極小超曲面,  平均曲率,  

本文: PDF(643.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,誤差逆伝搬法等を用いた神経回路網の学習において問題となる過学習を評価するための新しい基準を提案する.神経回路網の入出力関係は超曲面の族としてとらえられる.過学習は,これら超曲面の状態が学習に伴い過剰に複雑になる現象として特徴づけられる.この複雑さを評価するため,微分幾何学における簡単で滑らかな曲面である極小超曲面に基づき,超曲面の平均曲率の族に関する2乗和を新たな基準として提案する.本基準により誤差逆伝搬法を用いた学習過程を評価し,過学習の発生が特徴づけられることを示す.更に,本基準を2乗誤差基準と共に学習に適用し,過学習の発生が回避できることを示す.