ハードウェア動作の対話型ビジュアルシミュレータ構築システム

小島 泰三  杉本 明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.2   pp.386-394
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 計算機応用
キーワード: 
ハードウェア設計,  シミュレーション,  システム記述言語,  オブジェクト指向プログラミング,  ユーザインタフェース,  

本文: PDF(754.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
計算機ハードウェアを模擬するシミュレータの利用により,対象ハードウェア完成前に,その評価やファームウェアのデバッグが可能となる.ハードウェアをソフトウェア的に模擬するシステムでは,柔軟なユーザインタフェースを実現でき,プログラムデバッグなどに対し高度な支援を行える.ところがシミュレータ開発には,複雑なハードウェアのモデル化が必要であり,また,ユーザインタフェース実現にも多くの手間を要する.しかもハードウェア開発時にシミュレータが必要となるため,シミュレータ自身の開発には時間的な制約がある.このため,高度な対話型シミュレータの開発は容易ではない.本論文では,新しい対話型ビジュアルシミュレータ構築システムとその適用例について述べる.本システムではハードウェア記述とユーザインタフェースの分離のため,オブジェクト指向のカーネルを導入した.そして,このカーネルの上にオブジェクト指向のハードウェア記述言語とユーザインタフェース記述言語を実現した.この結果,高度なソフトウェア再利用性を達成し,従来のハードウェア記述と同等の作業により,高度な対話型ビジュアルシミュレータを作成することが可能となった.