認識技術を応用した対話型映像編集方式の提案

上田 博唯  宮武 孝文  吉澤 聡  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.2   pp.216-225
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (マルチメディアにおけるパターンの認識・生成技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
オーサリングシステム,  認識,  マルチメディア,  画像処理,  ビジュアライゼーション,  

本文: PDF(802KB)>>
論文を購入




あらまし: 
映像を中心とするマルチメディアの自由な編集・作成という,ユーザの創造的活動を支援する環境を実現するための新しいアプローチを提案し,プロトタイプの試作結果について報告する.このアプローチの特徴は音声や画像の処理・認識技術を応用して,映像情報の時間・空間構造を一貫性のある形で視覚化して,それをダイレクトマニピュレーションできるようにすることにある.これによりユーザは対話的に映像素材を編集できる.プロトタイプでは,まず自動カット分割機能とカットの内容解析機能の一部を開発した.そしてこれらの機能によりアイコン化されたカットを用いた映像の構造の視覚化を実現し,その上でカット・アイコンのダイレクトマニピュレーションによる時間軸編集を実現した.また,画像中の対象物の抽出についても実験的な機能を組み込み,そのユーザにとってのメリットについて検討した.これらの結果により,本アプローチの有用性と妥当性が示された.