インデックス空間を用いた印刷欠陥高速検査法

谷水 克行  目黒 眞一  石井 明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2    No.11    pp.1818-1826
発行日: 1992/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
カラー印刷物,  画像処理,  欠陥検査,  目視検査,  自動化,  

本文: PDF(622KB)>>
論文を購入



あらまし: 
カラー印刷物の自動検査を目的とした,画像処理技術に基づく新たな欠陥検出方法について述べる.カラー印刷面の検査は,一般に,基準となる基準パターンとの比較検査である.本研究で提案する手法は,画像の濃度値および座標値を属性値とするフラグによって構成される3次元フラグテーブル(インデックス空間と命名)を用意し,基準画像データに基づき,インデックス空間内のすべてのフラグに,属性値に対する評価値を記述し,許容範囲を含めた形で基準パターンを表現することを特徴としている.検査は,検査画素の座標値と濃度値をもとにインデックス空間内の対応フラグを参照し,フラグの評価値を判定処理することによって行われる.この手法の利点は,人間の視覚特性を考慮した複雑な判定条件を盛り込んだ検査が高速に行えることである.画像入力や視覚特性に適応した検査条件の実現方法を示し,試作機を用いた検査シミュレーションにより本検査手法の有効性を確認した.