バントルサーチ法を用いた連続音声認識の高速化

渡辺 隆夫  吉田 和永  畑崎 香一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D2   No.11   pp.1761-1769
発行日: 1992/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 
連続音声認識,  探索,  バンドルサーチ,  DPマッチング,  HMM,  

本文: PDF(577.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
連続音声認識の高速化を目的として,フレーム同期DPマッチングに,単語レベルの照合処理を「束ねた」処理を取り入れることにより高速化を実現するバンドルサーチ法を提案した.本方法は,構文ネットワーク中の複数位置に出現する単語に対する照合処理を,1回の照合処理で済ませる.本方法の処理量は基本的に異なり単語数に依存し,構文ネットワーク規模が複雑になっても,単語数が増えない限り,処理量の増加は少ない.このため,構文ネットワークに言語的な制約をきめ細かく取り入れることが容易になる.半音節認識単位を用いた4けた連続数字および単語数500のチケット予約をタスクとする不特定話者連続音声認識実験の結果,フレーム同期法に比し性能をほとんど劣化させることなく,HMMの総状態数(漸化式計算量)をそれぞれ32%,38%に低減できることを確認し,本方法の有効性が示された.