再利用型資源と消費型資源とが混在するシステムのデッドロック検出アルゴリズム

祢津 孔二  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.9   pp.847-854
発行日: 1992/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ソフトウェアシステム
キーワード: 
システムデッドロック,  デッドロック検出,  オペレーティングシステム,  アルゴリズム,  資源割付け,  

本文: PDF(475.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,構成要素に再利用型資源(SR)と消費型資源(CR)との両方を含むシステムにおけるデッドロック検出問題を扱っている.デッドロック検出問題とは,システムのある状態におけるデッドロック状態のプロセスを特定するアルゴリズムを求める問題であるが,SRのみのシステムについては既知である.本研究では,このアルゴリズムを拡張して,SRとCRとが混在するシステムに適用できるようにした.拡張にあたってはSRのみのシステムのアルゴリズムをシステム状態遷移の観点で見直し,CRをいかに扱うべきかを考えた.その結果,問題となるのは,CRを生成するプロセスがブロック状態に陥ったときの状態であることを突きとめ,この状態への対策を導くことで問題を解決した.