リレーショナルデータベースマシンRINDAにおけるサーチ処理方式

速水 治夫  佐藤 哲司  中村 敏夫  黒岩 淳一  武田 英昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.4   pp.232-240
発行日: 1992/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: データベース
キーワード: 
リレーショナルデータベース,  データベースマシン,  内容検索プロセッサ,  フィルタプロセッサ,  

本文: PDF(658.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
リレーショナルデータベースの非定型の検索処理ではインデックスの利用が困難なため,ソフトウェアのみで実現するシステムでは,表中のすべての行を読み出して検索条件を判定するサーチ処理の負荷が高く,多大の処理時間がかかっていた.本論文ではRINDAにおけるサーチ処理方式を述べ,性能の実測評価による本方式の有効性を示す.本方式では,従来のソフトウェアのみによる場合と比較して非定型の検索処理を最大100倍以上に高速化できた.主な提案方式は以下のとおりである.(1)サーチ処理に関し,ハードウェア化効果が大きい機能をCSPとしてハードウェア化する.(2)検索条件判定をCSPとソフトウェアとで分割・連携処理するために,検索条件の論理式の内部形式を乗法標準形にする.(3)乗法標準形の論理式のNOTを述語の中に組み込むことにより,SQLの3値論理の検索条件判定を2値論理に縮退し,CSPの論理式判定部を小型化できた.(4)汎用ディスク装置に対する高速サーチ処理を実現するため,データ読出しと検索条件判定をパイプライン処理する.(5)複数CSPにより並列サーチ処理する.