多値クリーネ関数の論理式表現

高木 昇  向殿 政男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.2   pp.69-75
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: オートマン,言語理論,計算論
キーワード: 
多値論理,  多値クリーネ関数,  論理式,  表現定理,  主加法標準形,  

本文: PDF(471.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,従来の古典論理(2値論理)では取り扱うことのできなかった真偽不定な状態(あいまいな状態)を取り扱うための一手段となる多値クリーネ関数について述べる.本論文では,特に多値クリーネ関数の論理式の表現方法を二つ紹介している.一つ目は表現定理で,これはある多値クリーネ関数の真理値表が与えられたとき,これを表現する論理式を構成する方法を示している.二つ目は主加法標準形で,これは2値論理関数の最小項展開に対応していて,与えられた多値クリーネ関数に対して一意的に定まることが特徴である.