TCP/IPインターネットワークにおけるACKing ACKの自動発見方法について

菅原 俊治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.1   pp.59-62
発行日: 1992/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
計算機ネットワーク,  TCP/IP,  ネットワークマネージメント,  ネットワーク障害,  インタネットワーク,  

本文: PDF(241.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
TCP/IPプロトコルのインタネットワークの典型的な障害例であるACKing ACK 自動発見方法を提案する.一般にネットワーク障害の原因究明には,多量のデータの解析が必要であり,専門家であってもかなりの時間を費やす.ここで提案する方法は我々のネットワークの使用経験と収集データに基づき,ACKing ACK障害発生時の特性を解析し,それを自動発見へ適用したものである.