FIFO付きブロードキャストメモリを用いた共有メモリの実現とその評価

齊藤 忠夫  相田 仁  小口 正人  黒岩 実  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.12   pp.1125-1131
発行日: 1992/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム
キーワード: 
共有メモリ,  ブロードキャスト,  FIFOバッファ,  並列処理,  ワークステーション,  

本文: PDF(451.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数のプロセッサ間で共有メモリを構成する場合,メモリアクセスのボトルネックにより,システムの性能が大幅に低下してしまうことが問題となる.このボトルネックに対処するための方式の一つに,ブロードキャストメモリがある.ブロードキャストメモリは,各プロセッサにメモリ内容のコピーをもたせた方式であり,メモリ読出しの際のアクセス競合の低減に効果がある.しかし一方で,メモリ書込みの際,結合バスにおいてアクセス競合が存在する.そこで本論文では,ブロードキャストメモリにFIFOバッファを設け,メモリ書込みの際にもアクセス競合を低減する方式を提案する.論文中では,まずこのFIFO付きブロードキャストメモリを用いて共有メモリを構成する方式について検討する.そしてこの方式と他の方式との比較を,シミュレーションにより行った結果で示す.更にこの方式により市販のワークステーション3台を用いて構成した実験システムの構成について述べ,数値計算のアプリケーションを用いて行った実験システムの性能測定結果を示す.