長短データアクセス混在時のストライプアレーディスクのスループット解析

木ノ内 康夫  櫻井 紀彦  平野 正則  塩澤 恒道  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J75-D1   No.11   pp.1005-1014
発行日: 1992/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム
キーワード: 
アレーディスク,  性能評価,  スループット,  長短データアクセス,  並列処理,  

本文: PDF(601.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
アレー状に配置したディスクに,データをブロック単位にストライプ状に配置する構成を対象として,長短データアクセス混在時のスループットを解析的に明らかにした.長データアクセスに挟まれる短データアクセスのアクセス回数に注目して,アレー化されたディスクの動作を確率的に表現し,スループットを解析的に求める方法を示し,これを用いて性能評価,主な要因間の相互関係の考察を行った.スループット算出にあたっては主に,(1)長データアクセス時にヘッド位置がディスク間でばらつくことによるシーク時間の増加,(2)長データアクセスの間に発生する短データアクセス回数および時間が確率的に変動することによる影響について検討した.(1)については,乱れたヘッド位置から同一のヘッド位置にアクセスするという,長短データアクセス混在時の特徴的な動作の影響を明らかにした.また(2)については,短データアクセス回数のデバイス間でのばらつきがスループットに最も影響することを示した.