高周波トランジスタ複同調回路の一構成

重広 孝則  沖根 光夫  中村 正孝  米田 正次郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J75-C2   No.2   pp.49-57
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1907
論文種別: 論文
専門分野: 電子回路
キーワード: 
高周波複同調回路,  相互誘導回路,  能動フィルタ,  バイポーラトランジスタ,  結合係数,  

本文: PDF(487.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
相互誘導回路を用いた複同調回路は結合係数を可変して単峰,平たん,双峰の各同調特性が得られることから,数多くのシミュレート回路が提案されてきた.しかし,シミュレート回路はいずれも複雑でしかも結合係数を可変する場合,単一素子で可変することができなかった.そこで,本論文では回路の高周波化を図るためバイポーラトランジスタを用いた高周波トランジスタ複同調回路を提案している.回路は2次の低減フィルタと帯域フィルタの縦続接続によって構成し,単一の可変抵抗素子で各同調特性が得られると共に,接続部はコンデンサで結合されるため,バイアスが各々独立にしかも非常に簡単に設定できる.回路の検討としては,トランジスタの不完全性による影響の解析,絶対値総和感度,高域周波数限界等について行った.最後に,中心周波数500kHz,Q=30の条件で実験を行い,結合係数を変化した場合の特性について調べている.