新しい含水率測定法のための誘電体リング共振器の共振周波数解析

岡村 静致  曽根 正浩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J75-C1   No.3   pp.164-170
発行日: 1992/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
誘電体共振器,  共振周波数,  マイクロ波,  解析,  含水率,  

本文: PDF(493.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
電気的方法では従来測定が困難であった小形で形状が不揃いな物質の含水率測定を誘電体リング共振器の共振周波数から測定する新しい含水率測定方法を提案することを目的として,共振周波数の解析と新しい測定方法の可能性を検討している.初めに,共振器内に置かれた含水試料の誘電率変化に伴う共振周波数変移量をその含水率と対応づけるための基礎として,任意の誘電率試料が誘電体リングの空心中央部に置かれた場合の共振周波数の理論値の導出をモード整合法を用いて行い,その理論式を得た.理論式の正当性は既知誘電率試料に対する理論値と実測値との比較によって確認された.理論式から得られた試料の誘電率と共振周波数変移量との関係から,共振周波数変移量が含水率の測定に利用できることを示した.更に,テフロン製のリング共振器にボール紙を試料とした場合の実測においてこれを確かめると共に,高含水率に対する理論値と実測値との比較をしている.理論値との誤差は数パーセントあるが,誘電体リング共振器の共振周波数変移量と試料重量とを用いた新しい含水率測定方法の可能性が示されている.