LiNbO3光変調器の不安定現像とその評価

十文字 弘道  野沢 敏矩  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J75-C1   No.1   pp.17-26
発行日: 1992/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
ニオブ酸リチウム,  光変調器,  dcドリフト,  熱ドリフト,  等価回路モデル,  

本文: PDF(640.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
光通信システムや光計測機器への適用が期待されるTi拡散LiNbO3光変調器を対象に,実用時に問題となる各種不安定現象の定量化を試みた.すなわち,各現象に関連する特性パラメータやその温度依存性を光出力一定の条件で実測した.その結果,(1)短時間dcドリフト(直流バイアス電圧印加直後の駆動点の変動)の極性と緩和時間はバッファ層構成によって異なること,(2)温度ドリフト(周囲温度の変化に起因する駆動点の変動)は,一時的なドリフト現象であり,緩和時間は短時間dcドリフトのそれと関連すること,(3)長時間dcドリフト(長時間にわたる駆動点の変動)は,導波路部分に作用する電界の大きさと極性に依存し,他の現象に比べて大きな値の緩和時間をもつことがわかった.(4)また,各現象の緩和時間の温度依存性から,その活性化エネルギーはほぼ等しく,約0.7eVであることが明らかになった.更に,新しく提案した等価回路モデルをもとにパラメータ相互の関連を評価し,各不安定現象が,空間電荷層形成を考慮した等価回路モデルによって説明できることを明らかにした.