空間領域におけるDFTを用いたアダプティブアレーアンテナ

任 春植  河野 隆二  今井 秀樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B2   No.8   pp.556-565
発行日: 1992/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
マルチパスフェージング,  アレーアンテナ,  空間周波数,  参照信号,  推定精度,  

本文: PDF(684.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチパスフェージングは移動通信において通信品質の劣化要因である.その対策としてアダプティブアレーアンテナは適応的な指向性制御により遅延波の影響を除去できることが報告されている.本論文では受信信号の到来方向と信号対雑音比がわかればアレーアンテナの最適重みを算出できることに着目し,アレーアンテナにより空間的にサンプリングされた受信信号のDFTによって求められる空間周波数を利用して,希望波と干渉波の到来方向とSN比を推定し,最適なアンテナ重み係数を算出するアルゴリズムを提案する.本アルゴリズムはLMSアルゴリズムのような従来の適応ディジタルフィルタのアルゴリズムに基づくものと異なり,参照信号を必要とせず,通信路の変動に高速に追従できる特徴を有する.更に,DFTの性質を利用して限られたエレメント数で到来方向とSN比の推定精度を向上させる方法を提案する.提案アルゴリズムの原理の確認のために計算機シミュレーションにより基本的な性能の評価を行った.