光ファイバによる衛星間通信機能と衛星間隔測距機能を有する静止光ファイバテザー衛星(F-GTS)システムの基礎検討

初田 健  佐々木 一正  相馬 純吉  相馬 行雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B2   No.4   pp.239-243
発行日: 1992/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
静止衛星,  静止テザー衛星方式,  光ファイバテザー,  衛星間通信,  衛星間隔測距,  

本文: PDF(300.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
静止テザー衛星(GTS)方式は軌道有効利用の有力な手段であるが,更に,光ファイバをテザー線として導入することによって,衛星間通信機能と衛星間隔測距を可能とする,静止光ファイバテザー衛星(F-GTS)方式を考え,その要素技術について検討している.