スロット結合マイクロストリップアンテナのパラレルプレートモードの解析

岩崎 久雄
庄木 裕樹
川端 一彰

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B2    No.3    pp.171-178
発行日: 1992/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
マイクロストリップアンテナ,  スロット結合アンテナ,  パラレルプレートモード,  空間回路網法,  抑圧法,  

本文: PDF(504.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
トリプレート線路を用い,地導体板に設けたスロットを介し給電する電磁結合型スロット結合マイクロストリップアンテナにおいては,地導体板間を伝搬するパラレルプレートモード(TEM波)が発生し,電力漏れを引き起こし,不要な結合や放射を生じる.本論文では,このパラレルプレートモードのポインティング電力と電界に着目し,パラレルプレートモードの発生量と伝搬の様子を空間回路網法を用い解析的に明らかにしている.また,パラレルプレートモードの抑圧法として知られている短絡ピンの設け方とパラレルプレートモードの発生の関係を求め,ピン数を極力少なくしたピン設置法を提案している.更に,パラレルプレートモードの共振とトリプレート線路を構成している誘電体基板の外形寸法との関係を実験的に検討した結果,パラレルプレートモードの共振は,トリプレート線路を構成する有限な誘電体基板と同一寸法を有する開放型共振器の共振周波数と一致することも明らかにしている.