球形チャンバーを用いた導電性材料のシールド効果評価

長谷部 望  国見 真志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B2   No.12   pp.972-980
発行日: 1992/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
シールド効果,  導電性材料,  球形チャンバー法,  媒質定数,  ハウジング寸法,  

本文: PDF(551.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
球形チャンバーを用いたシールド効果測定器により市販の導電性塗料,導電性プラスチック材料を測定した.これは,これら各種材料を用いて実際の回路や部品をシールドしたときのシールド効果を定量的に評価することを目的とする.上で得られた実効媒質定数(導電率σ,比透磁率μr)をもとに,材料寸法(表面積s,厚みt)に対する周波数変化に対するシールド効果をベクトル球波動関数を用いて計算し,数種の評価図として与えた.その結果,導電性塗料のようにσ>103S/mの材料では電界,磁界シールド効果はほぼt2に比例し,ハウジング寸法の効果では電界に対してはほぼ1/s,磁界に対してはほぼsに比例することを見出した.また強磁性体を混入した材料では,実効μrが磁界シールド効果に大きく寄与することがわかった.