アダプティブアンテナのレーダへの応用

諸岡 翼  上野 元治  真野 清司  千葉 勇  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B2   No.11   pp.749-759
発行日: 1992/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 招待論文 (空間領域における適応信号処理とその応用技術論文特集)
専門分野: 
キーワード: 
アダプティブアンテナ,  レーダ,  サイドローブキャンセラ,  ディジタルVLSI,  マイクロ波素子,  実験値,  

本文: PDF(716.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
不要信号を抑圧し,送信波の目標物からの反射波信号である所望信号を抽出することを目的とした,レーダ用アダプティブアンテナの概要と研究動向,および最近の研究開発成果を紹介する.まず,アダプティブアンテナのレーダにおける背景を述べ,技術課題をアダプティブアンテナの構成要素と性能との関連でまとめ,併せて研究動向を示す.次に実用に供されているサイドローブキャンセラ(SLC),位相制御のみによる零点形成フェーズドアレーをはじめ,DBF(Digital Beamforming)アンテナとその一つの実現方法であるシストリック構成の例を述べる.更に空間の波源分布を高分解能で得るためのスーパリゾリューションアレーのような将来技術にも言及する.