チャネル状態の変動するスロット付きアロハ方式の特性解析―捕そく効果のある場合―

椋本 介士  福田 明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1    No.8    pp.528-535
発行日: 1992/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信理論,信号理論
キーワード: 
移動無線パケット通信網,  スロット付きアロハ方式,  マルコフ伝送路モデル,  捕そく効果,  平衡点解析,  

本文: PDF(503.8KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,移動無線システムにおけるスロット付きアロハシステムの特性解析が,捕そく効果を考慮して行われる.移動無線システムでは,端末の移動に伴って局と各端末間の伝送路の状態が時間的に変化する.このような時変チャネルは,一般に複数の状態からなるマルコフモデルで表される.また,端末と局間のチャネル状態が違えば,送信されたパケットの局における平均受信電力も異なるものと考えられ,局-端末間のチャネル状態によってパケットの捕そく確率等は異なるものと考えられる.本論文では,上述のようなシステムの解析モデルが提案され,その解析手法の開発が行われる.また,チャネル状態変動のシステム特性への影響についても簡単な考察が行われ,チャネル状態によって平均受信電力に大きな差がある場合には,チャネル状態変動の影響が顕著であることなどが示される.