音声・映像混合入力下でのATMセル多重化特性の解析

小峯 隆宏  山田 博司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1   No.8   pp.509-516
発行日: 1992/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 交換,通信処理
キーワード: 
非同期転送モード,  マルコフ変調ポアソン過程,  セル廃棄率,  統計多重,  シーンチェンジ,  

本文: PDF(533.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ATM網では,通信品質規定が異なるトラヒックを一元的に扱うため,各トラヒックの通信品質に常に留意する必要がある.本論文では,その基礎検討として,音声端末と映像端末が重畳入力される場合のセル多重化特性について評価する.映像情報に関しては差分符号化された場合をモデル化し,差分符号化によって集中的に情報が発生する画面切換状態(シーンチェンジ状態)とそれ以外の状態(通常状態)それぞれについて評価し,特にシーンチェンジ状態が多重化特性に及ぼす影響を定量的に評価する.具体的には,音声端末および映像端末からのセル到着過程を位相マルコフ再生過程(PH-MRP)でモデル化し,これを入力過程とする待ち行列(PHMRP/Er/1/K)を解析する.この解析によって算出された各トラヒックのセル廃棄率から,映像情報の多重化特性を評価する.