0.98μm励起エルビウムドープ光ファイバ前置増幅器を用いたGbit/s帯高感度受信

斉藤 朝樹  青木 恭弘  藤田 定男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1    No.5    pp.288-297
発行日: 1992/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (光増幅器を用いるシステムの設計技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
光前置増幅器,  Er添加光ファイバ増幅器,  後方励起,  0.98μm励起,  雑音指数,  

本文: PDF(630.9KB)>>
論文を購入



あらまし: 
強度変調-直接検波方式における高感度受信器の実現を目的に,0.98μm帯半導体レーザ励起エルビウムドープ光ファイバ前置増幅器(Er前置増幅器)について,理論的・実験的検討,およびその最適設計を行った.まず,高受信感度を得るために必要な条件をS/N式から考察し,Er前置増幅器の設計指針を明確にした.次に,前方・後方の励起方式の相違による雑音特性の比較を行い,Er添加光ファイバ長の最適化により,後方励起方式の方が,入力部の損失を低減できるため,実質的に低雑音化が図れることを提唱し実証した.以上の検討をもとに,Er前置増幅器の最適設計を行い,Er添加光ファイバ入力の受信感度として2.5Gbit/sで126photons/bit,5Gbit/sで147photons/bitの高受信感度を実現した.また,10Gbit/sの場合についても,その可能性を示した.