スイッチスナバ回路を用いた高周波スイッチング電源

坂本 浩  野口 聖一  原田 耕介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J75-B1   No.2   pp.125-133
発行日: 1992/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信用電源
キーワード: 
スイッチスナバ回路,  無損失,  低ストレス,  PWM,  広い負荷領域,  

本文: PDF(455.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
スイッチング電源の小型軽量化を解決するかぎは,その高周波化にあると言われている.スイッチング周波数を高くするためには,スイッチング時に発生するサージ電圧と,スイッチング損を抑えることが必要である.本論文では,広い時比率制御範囲で優れたサージ抑制効果があり無損失なスイッチスナバ回路を提案する.スイッチスナバ回路はスイッチおよびコンデンサを含む直列回路により構成される.この回路では,主スイッチング素子とスナバのスイッチング素子は逆位相で動作し,本質的にゼロ電圧スイッチングの特性をもつ.また,電圧共振形コンバータの共振コンデンサをスイッチスナバ回路に置き換えれば,PWM制御可能で電圧ストレスの小さいコンバータが得られることが明らかとなった.更に,スイッチスナバ回路を付加したコンバータは出力電圧異常上昇領域が極めて狭く負荷領域を広くとれることがわかった.スイッチスナバ回路は,低損失で素子のストレスの小さな,PWM高周波コンバータに適している.