直交射影行列を用いた安定なブロック適応アルゴリズム

大石 邦夫  福本 昌弘  久保田 一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.9   pp.1450-1457
発行日: 1992/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
適応信号処理,  適応アルゴリズム,  ブロック処理,  Moore-Penrose型一般化逆行列,  直交射影行列,  

本文: PDF(518.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
Moore-Penrose型一般化逆行列を含むブロック直交射影アルゴリズムを実際に計算する手法として,共役こう配法を適用したブロック直交射影アルゴリズム,グラムシュミットの直交化法と学習同定法からなるブロック適応アルゴリズムが提案されている.これらの計算手法は,少ない演算量で最適な係数値を高速に推定することに適している.しかし,観測雑音,量子化誤差等の影響により動作が非常に不安定になることが問題となっている.そこで本論文では,ブロック適応フィルタの状態行列が張る空間の直交基底を修正方向とする学習同定法によってブロック直交射影アルゴリズムを実現している.この方法の特徴は直交射影行列を用いて直交基底を算出していることである.次いで,計算機シミュレーションによって,提案した適応アルゴリズムが量子化誤差,演算誤差,観測雑音の影響をほとんど受けることなく極めて安定した動作を実現できることが明らかにされている.