平均値・中央値ハイブリッドフィルタの提案

田口 亮  村田 裕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.9   pp.1441-1449
発行日: 1992/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
エッジ保存型平滑化フィルタ,  中央値フィルタ,  平均値フィルタ,  

本文: PDF(690.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
画像信号等の突発的な変化(エッジ)を有する信号にランダム雑音が重畳した場合,従来の平均値フィルタに代表される線形フィルタでは効果的な雑音除去が行われない.これは,信号のエッジ部分と雑音の周波数帯域が大いに重なるため,雑音除去とエッジ劣化を切り離すことが不可能なことに起因する.そのことを解決するためには何らかの非線形フィルタ手法が要求されることになる.本論文では,線形フィルタの中で最も簡単で代表的である平均値フィルタを取り上げ,同フィルタの欠点(エッジ劣化,インパルス性雑音の除去能力)を平均値フィルタと相補的な性質をもつ中央値フィルタにより補償する,平均値・中央値ハイブリッド(MMH)フィルタを提案する.提案するフィルタは基本的には平均値フィルタと中央値フィルタの切換え手法である.よって,MMHフィルタは平均値フィルタと中央値フィルタのみから構成される簡単なものであり,更にフィルタ入力信号に関する先験情報を必要としないことを前提とする.ここでは,MMHフィルタの性質と1次元信号,画像信号雑音除去に対する有効性を明らかにしている.