全域通過回路を用いた3次元ディジタルフィルタの構成

豊嶋 久道  高橋 進一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.7   pp.1135-1144
発行日: 1992/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
ディジタルフィルタ,  多次元信号処理,  全域通過フィルタ,  複素係数フィルタ,  

本文: PDF(723.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
球対称特性をもつ3次元ディジタルフィルタの新しい構成法を提案したものである.近年,1次元,および2次元巡回形ディジタルフィルタにおいて,係数量子化による特性の劣化を抑えるために全域通過回路網を用いる構成法が数多く提案されている.その中でも全域通過回路と遅延器の並列接続を用いる方法は,通過域において近似的に線形位相をもち,設計も比較的簡単であるという特徴を有する.本論文では,この性質を3次元に拡張し,特に球対称特性を実現するためのフィルタの新しい構成法について提案する.実係数の場合と複素係数の場合についてその設計方法,構成方法を述べ,実現可能な特性の範囲について考察する.また低係数感度特性に関する例題を含むいくつかの設計例も示してある.