並列組合せSS通信方式の写像法と復調法に関する検討

佐々木 重信  朱 近康  丸林 元  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.4   pp.824-830
発行日: 1992/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 通信理論,信号理論基礎
キーワード: 
スペクトル拡散,  並列伝送方式,  最ゆう判定,  誤り率,  

本文: PDF(452.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,先に提案した並列組合せSS通信方式における,写像回路の具体的設計法と,その写像回路に対応した復調法について検討したものである.並列組合せSS通信方式は,入力データ数ビットの状態に対応して複数個のPN系列を組み合わせて送信し,送信情報量の増大を図るものであるが,そのためには入力データ数ビットの状態をPN系列の組合せに変換する写像回路が必要である.本論文ではこの写像法として,入力データ数ビットを,状態データと組合せデータに分割して写像する分割写像法を提案し,それに対応する復調法として,最ゆう判定復調法を用いた場合,信号が多値化されているにもかかわらず,DS-BPSK方式と同程度にまでSN特性を改善できることを示した.