非線形最適化手法による設計を指向した圧電形電話機の音響パラメータの推定

星島 惠三  嶋田 修  北尾 匡史  野村 康雄  大田 百香  大賀 寿郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J75-A   No.4   pp.675-685
発行日: 1992/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 電気音響,音響一般
キーワード: 
圧電形電話機,  音響パラメータ,  非線形最適化手法,  評価関数,  

本文: PDF(626.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
これまで小型軽量化された実際の圧電形電話機のハンドセットにおける,送,受話系の音響パラメータ値を算出する公式が得られていないため,実際にハンドセットを設計する際に大きな障害となっていた.本論文では非線形最適化手法を適用することによって,これらのパラメータ値の推定を可能とした.この最適化問題は,パラメータ値間に1010程度の大小関係があって,収束が極めて遅いので,各パラメータに仮想の最大値と最小値を設け,いったん,仮想の制約条件付最適化問題に置き換え,変数変換によって,各パラメータの変数範囲をそろえると同時に再び制約条件なしの最適化問題に戻し,収束を早める工夫をした.なお,測定条件の異なる送話および受話感度の実測特性をすべて推定情報とするような評価関数を構成したので,相当な大規模最適化問題となったが,得られた推定値に基づいて計算されたシミュレーション特性と実測特性とはよく一致した.このことは,本方法によって求められた推定値が実際のハンドセットの設計問題に役立つことを意味する.